入居時の敷金と礼金について

賃貸アパートやマンションに入居する賃貸契約の時に、初期費用として敷金・礼金、仲介手数料、初回家賃、火災保険料が費用としかかります。

敷金とは、何に使われる費用かというと、万が一家賃が支払えなくなった時に、敷金から未払い家賃の補てんをするために充てられる費用になります。

その他にも何かトラブルをアパートやマンション内で起こしてしまったり、設備を壊してしまったりなどした時の修繕費用も敷金から支払われます。

そして、退去時に原状回復にかかる費用として、ハウスクリーニング代やドアの鍵の交換料金なども敷金から差し引かれます。

何のトラブルもなく生活をしていれば、退去時に請求される費用は原状回復にかかる費用のみになります。

退去後約1ヶ月程度で残金の返還をされます。

礼金は、入居時に家主に対して支払う謝礼金になります。

敷金と違い、退去時に返還されることはありません。

仲介手数料は、不動産管理会社に支払う費用になります。